TsunashimaSST内に、「横浜綱島水素ステーション」および併設ショールーム「スイソテラス」がオープン。3月15日(水)

本記事のシェアはこちらから!

綱島東4丁目のパナソニック跡地で開発中の「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」内に、「横浜綱島水素ステーション」および併設ショールーム「スイソテラス」がオープンしました。両施設は、JXエネルギーグループが運営しています。

 

3月15日(水)当日の開所式典は残念ながら見ることが出来ませんでしたが、Twitterなどネット上では話題になっていましたね。

 

開所式典の事前案内看板

 

未来の水素社会に向けた情報発信拠点「スイソテラス」

 

「横浜綱島水素ステーション」には、未来の水素社会に向けた情報発信拠点として、ショールーム「スイソテラス」が併設されており、「見る」「体験する」をコンセプトに、水素の特性や当社の取り組みを紹介するシアター(予約不要・上映は約1時間おき)、水素充填の模擬体験コーナーなどが設置されています。入館料は無料とのこと。

 

 

また、透明な水素ガス火炎を検出するために、紫外線判別技術を用いた水素炎検知器を設置したりと、水素を安全に供給する新たな技術も取り入れています。

 

将来的には、純水素燃料電池を用いて水素から発電した電気を施設内に供給する取り組みも検討していくようなので、今後の取り組みにも期待したいですね。

 

 

その他にも、ブリヂストンが高耐圧性の水素充填用ホースを納入したと発表したことなどでも話題になっていたので、お近くを訪問予定の方は是非チェックしてみてください。

 

 

 

横浜綱島水素ステーション概要
所在地:神奈川県横浜市港北区綱島東4-3-9

スイソテラス概要
営業時間:火・木・土曜日(祝日除く)13時~16時
(土曜日のみ10時~16時)
入館:無料

※正式な情報は公式サイトを参照ください。

 

本記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA