横浜市の都市整備局、綱島駅東口や新綱島駅周辺の再開発に2億2千万超の予算編成

本記事のシェアはこちらから!

出典元:横浜市都市整備局公式ページ

 

横浜市の都市整備局が、綱島駅東口及び新綱島駅周辺の再開発について、平成29年度は新綱島駅(仮称)の地上部を活用したバス乗降場や、綱島街道をはじめとする都市計画道路の拡幅や新設などの都市基盤施設の整備を実施すると発表しました。

 

開発が進む新綱島駅(仮称)周辺

 

都市整備局が29年度に付けた再開発関連の予算は、新綱島駅周辺地区土地区画整理事業に2億1,305万1千円、綱島駅東口周辺地区整備事業に730万円となっており、新綱島駅周辺での用地取得や換地設計の検討や、綱島駅東口駅前の市街地再開発事業を支援するとともに、綱島街道の立体横断施設の整備を検討するとしています。

 

出典元:平成29年度都市整備局予算概要

 

立体横断施設って、綱島駅と新綱島駅(仮称)や、再開発で建設予定の高層ビルなんかを繋ぐわけですよね…。どんな感じになるんだろ…?武蔵小杉みたいな感じ(東横線と南武線とグランツリーみたいな?)になるのかなぁ…?

 

前述の地図を見てみると、民家(桃畑のある方)がだいぶ駅前のバス乗り場に近い気がするけど…。こちらも気になります…。

 

平成29年度都市整備局予算概要(PDF・19ページ参照)

本記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA