<新OPEN>『もりの中華そば』の跡地に出来たのは、兄弟弟子が腕を振るう『中華そば 笑歩(えふ)』、オープンは2月1日(木)予定

本記事のシェアはこちらから!

綱島西にある銭湯『富士乃湯』の隣にあった名店『もりの中華そば』が閉店になり、約半年。

綱島の名店『もりの中華そば』が閉店に。Twitter上でも悲しみの声が続出

2017.07.03

昨年末頃に『綱島ニュース(仮)』のTwitterアカウントに「『もりの中華そば』跡地に兄弟弟子さんがお店をオープンするらしいよ」という情報をもらって、ちょくちょくお店の前を通るようにしていたのですが、なんと本日店内に明かりが!

お店の前の雰囲気はこんな感じ!

ノックをしてお店に入ってみると、店主さんと奥様がいらっしゃったのでお話を伺うことが出来ました。

Twitterでもらった情報の通り、店主さんは荏原中延の名店『多賀野』で修業をされていて、『もりの中華そば』の店主さんの弟弟子さんにあたるそうです。

券売機の上にあるTIVOLI Audioのラジオスピーカー

木の色味が優しい店内にはL字型のカウンターが8席。

お昼時だけのオープンでスープがなくなり次第閉店ということです。

中華そばとつけそばを中心としたシンプルなメニュー構成

自家製麺を使った中華そばとつけめん。

麺にはあれとあれが練り込まれているのですが、企業秘密だと思うのでこれはご自分の目と舌でお確かめください!

ちなみにチャーシューはお店の向かいにある丸芳牛肉店で、ネギは斜め向かいにある下山青果で購入されているそうですよ。

既に近隣との繋がりが。

中華そば!!

グルメレポーターではないのであまり気の利いたことは言えませんが、めちゃ美味しいから是非食べてみてほしい。

笑歩と書いて「えふ」

お客さんが顔になるように、一歩ずつんでいくという想いで付けられた店名は笑歩と書いて「えふ」と読みます。

オープンは今のところ2月1日(木)を予定されているとのこと。

綱島のみなさんの笑顔が増える日は近いですね!

中華そば 笑歩(えふ)
住所 横浜市港北区綱島西3-22-14
電話 045-717-7622
定休日 火曜日
※正式な情報はお店にお確かめください。

本記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA