え!?来年2018年4月に、綱島市が誕生!?

本記事のシェアはこちらから!

この度、綱島ニュース(仮)の独自取材により、来年2018年の4月に綱島市が誕生する可能性があることが明らかになりました!

現在、神奈川県横浜市港北区の地名、東急東横線の駅名として存在している我らが「綱島」ですが、綱島ニュース(仮)が独自取材により得た情報によると、1年後にはひとつの市になる可能性があることが分かりました。

 

具体的な日程はまだ明示されていませんが、来年2018年の4月には実現することが濃厚になっているようです。

 

そもそも市とは行政区分のひとつで、通常は人口が多く密集した自治体にあてられるもので、原則として人口5万人以上(国勢調査を基にする)、中心市街地の戸数が全戸数の6割以上などの基準のもと制定されるわけですが、綱島の人口は2005年5月の時点で37,268人(Wikipedia調べ)なので、そんなに12年の間に人口は増えていないはず…。

 

…とすると、新綱島駅(仮称)や、Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン(Tsunashima SST)の影響で、2018年4月までの爆発的な人口増を見込んでのことではないかと推測されます。

これにより、今やその姿を見ることができなくなった綱島温泉としての温泉街の復活が実現ひたり、日月桃の栽培がまた盛り上がるかもしれませんね!楽しみです!

 

みなさんは、綱島市になることでどんな街になると思いますか!?

 

 

 

と…

 

 

 

まぁもうみなさんお分かりだとは思いますが…

 

 

 

 

 

ごめんなさい。 (※写真はフリー素材です。編集部の人ではございません)

 

 

 

 

今日は4月1日のエイプリルフールということで…

 

ちょっとした願望を記事にしてみました。

綱島ニュース(仮)では、これからも綱島が綱島市になるくらい、綱島を盛り上げていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願いしますね!

 

編集部一同

本記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA